するりら小町成分ジュニパーベリー

ジュニパーベリーは別名セイヨウネズともいわれ3mから10mの常緑樹です

実は青色で熟してくると黒くなり果実以外は精油として利用されます

果実には樹脂、ブドウ糖、ペントサン、カルシウム、カリウム、マンガン、ジュニペリンなどの精油が含まれています

葉にはビタミンCが豊富に含まれています

ジュニパーは昔から利用され古代ギリシア人とローマ人はジュニパーベリーを精油として利用しています

古代から精神の安定や浄化や宗教の儀式

身体の浄化のための薬草として使用され中世のヨーロッパではペストなどの伝染病の予防にも利用されています

お酒のジンの香りの成分に利用されジンの名前の由来もセイヨウネズの意味を持つgenièvre(ジュニエーヴル)から来ています

1700年代のオランダの医師がジュニパーベリーの薬用効果の利尿作用や強壮作用などを利用するために

薬用酒を作ったのが始まりです

ジュニパーベリー効能

精神安定

ジュニパーベリーの香りには心を穏やかにする作用があります

精神的不安やいらいらやストレスの緩和などに役立ちます

デドックス作用

ジュニパーベリーはデドックス作用があり利尿作用や発汗作用やデドックス作用やなどがあります

血液の流れを改善して血液の量も増やして身体を温める作用やリンパの流れを整える作用等があるので

浮腫みを改善したりセルライトなどの予防改善効果があります

感染症予防

免疫力の強化や抗感染作用などがあるので風邪の予防や感染症の予防に役立ちます

美肌作用

収斂作用や皮脂の出るのを抑制する作用や抗炎症作用などがあるので

ニキビの予防改善や肌荒れなどの予防改善にも役立ちます

体臭予防

匂いを抑える作用があるので体臭予防に役立ちます